とみつどフェスお疲れ様でした!

たくさんの方々の想いでとみつどフェスを無事終了することができました!ありがとうございました!!

ツイッターなどで拡散していただいた「とやまde集ってみたフェスティバル」(以下とみつどフェス)を無事終了することができました。HPの新調やチームアルバム制作などでバタバタしていたためHP上では目立った告知を行えませんでしたが事後報告という形ですみません。

普段は私個人で参加している、とやまde集ってみた(以下とみつど)の企画に今回はUnlimited Colorで参加したため、私事を混ぜながらとみつどの話をさせていただきます。

始まりは踊ってみたで有名な、ぶらっくすわんさんがクリエイターなど募集をしているとメンバーのかみやまが教えてくれました。「富山県でパフォーマーやクリエイターを集めてネット配信の動画などを作成する」と、私としても面白そうな企画だと思いすぐに応募したのを覚えています。
後日面接があり、今までの活動内容や今後の展開など色々話をさせていただき参加資格を頂く事になりました。今思えば面接でクリエイター志望なのにパフォーマーみたいな髪色と居酒屋で話しているようなテンションで参加してしまったことをこの場を借りてお詫びを申し上げます。(笑)

そして最初に制作した「to the world」は、まだとみつどのことが全然わからなかったので自分なりに「これからこの場所で始まるんだな…」と漠然としたイメージで作り始めました。でも運営の方々やメンバーとの会議のときの皆さんの顔を思い返し歌詞を紡いでいくうちに、だんだん楽曲の方向性が定まり完成することができました。この曲は本当にとみつどの曲になることができたと思っています。
そしてこの時ボーカリストとして参加していた黑色うさぎさんの歌声で私の作る楽曲を歌って欲しいと思いチームアルバム「various colors」に参加していただき「LOST EDEN」の歌詞、ボーカルを担当をお願いしました。

とみつどの活動としてショッピングセンターのステージでパフォーマンスイベントが多かった為、私の出番は裏方として当日の手伝いを任されていました。しかし自分が参加している企画なのでクオリティーなどのことで色々口出しをしたりメンバーには不快な思いをされた方もいるかもしれません。申し訳ないと思いながらも言わせてもらう場面もありました。クリエイターとして真剣に参加しているのでパフォーマーも真剣になってほしい。「お遊戯会なら辞めよう」と厳しい意見を言ってしまったこともありますが、それ以降パフォーマーの方々の表情も次第に変わって前回よりもクオリティーを上げるという意思が伝わってきました。いつも厳しい人、恐い人のイメージはメンバーにあったかもしれませんが、こんな形でとみつどの成長を見つけるのも楽しみでした。

その後、二期生の募集とともにフェスの話も会議で上がり本格的にとみつどフェスへの動きが始まります。
私としてもたくさんの意見を言わせていただき、受け入れていただきフェスへの動きを確実に進めていけました。
そして、二期生が確定し新たな楽曲制作となります。今回のテーマは「和モノ」ということなので和のイメージで制作したのが「月下の刃」です。正直な話、和モノは作ったことがなかったので不安でしたが皆さんの期待にも応えたくて大口を叩きながら自分にも喝を入れる気持ちで制作に入りました。その結果満足していただけるような作品にはなったと思います。
今回二期生として参加する真桜さんが殺陣などを行えるパフォーマーとのことなので楽曲のイメージは「今は普段から目にすることのない『刀』とその美しくもあり人を殺傷することのできる狂気、それが存在し手にしていた人々の想い」を自分なりに表現できた作品になっています。何気なく生活している今、この世界は過去のたくさんの人の死の上に成り立ってる。だからこそ今は刀による殺し合いなどありませんが自分たちは自分たちなりに精一杯生きていかなければいけないと思い作りました。

楽曲が揃いCDを作ることになりレコ発イベントなども行いました。CD制作には私が指揮をとらせていただき完成した時の皆さんの「おぉー!」は今でも忘れません。(笑)
私にしてもCDを作って形になり何かを残した喜びはあります。
余談ですけどCDに収録されている「INNOCENT NOISE feat.MIKU」は色々な都合上とみつどでの発表には至らなかったのですが、CDを手にとって聴いていただけているのであれば嬉しいです。

そうやって月日は流れてとみつどフェス。Unlimited Colorとしてはレコーディング体験ブースを用意させていただきました。
ステージではとみつどのパフォーマーやゲストのパフォーマーが歌や踊りなどを、そのステージをメインに周りではとみつどのクリエイターブースやゲストのブースなど華やかな一日が完成しました。
見渡す限りたくさんの人が色々なブースで立ち止まったりしている光景はとても素晴らしい景色でした。
自分たちのレコーディング体験ブースにもたくさんの方々が参加してくれました。特に印象的だったのは自分たちのブースの向かえ「喫茶メルト」として参加していたMiyaBさん。その容姿もありレコーディング体験に来てくれた時はメンバー一同「メイドキターーーー!!」でした。(笑)しかもマイクの前に立ちレコーディングを開始した時のインパクト。メイドなのでおしとやかな声かと思っていたのですが、力強い歌声で歌い終わる。思わず「これ上手いんじゃね!?」と口に出してしまうほどの出来事もありました。本人の承諾があり、機会があればボーカルとして参加してもらうかと企んでいます。(笑)
レコーディング体験に参加していただいた皆さんは緊張していたり、ふざけてみたり、楽しんで歌っていただいてたのをデータとともに私の中でも記録しています。私にとっても貴重な体験となりました。参加していただいた皆さん本当にありがとうございました。皆さんが参加してくれた音源は責任を持ってCD化させていただきます。楽しみにしていてください。

色々なことがあり10時から17時までの7時間もあっという間に過ぎていきました。主催者サイドとして参加した方も一般参加の方もこれが「とやまde集ってみた」と感じていたと思います。
各自色々思うところや、やり残してしまったことなどあると思いますが。とみつどとしてのあの日一日は一区切り、集大成としては完璧な締め括りではなかったでしょうか。
私が楽曲制作として参加させていただき半年ほどの活動でしたが、毎日がめまぐるしく動いてとても充実した毎日だったと思います。
今回のとみつどフェスをもってとみつど企画としての活動は一区切りになります。この企画を立ち上げてくれたぶらっくすわんさん、とみつどに関わってくれたたくさんの方々には本当に感謝しています。to the worldの歌詞でも書いたように「可能性という魔法」で皆さんとリンクできて皆さんそれぞれの未来地図を作ることができたと思います。本当にありがとうございました。
そして、ここまで長文を読んでくださったあなた。私やメンバーがとみつどで経験したこともこれから音楽で表現し、またCDを手にとってもらえるようにUnlimited Color一同で努力していきますので、これからも応援よろしくお願いします。

長いようで短かった心に残る貴重な時間をありがとう。

とみつどフェス

Unlimited Color 代表
NAMBO